DIVE TO WORLD

ITを浅く広くピンポイントにお伝えするブログ

ついに来た! Macのアップデート(WWDC 2017)

 

f:id:mgrtex360:20170606171023p:plain

今年もWWDC 2017が開幕しました!

(日本時間 6月5日 2:00AM 〜)

このイベントはAppleの開発者向けカンファレンスで、Macラインナップの発表もありました。

今回は、本日に発表されました、Macbookのラインナップについて紹介したいと思います。

 

以下が今回アップデートされた主要Macbookラインナップです。

(画像にはありませんが、Macbook AirもCPUが少し変わっています。)

f:id:mgrtex360:20170606171450j:plain

基本的に、ボディなどには変更がなく、マイナーアップデートとなっています。

2016年モデルでは、CPUがIntelの第6世代Coreシリーズ(Skylake)でしたが、第7世代のCoreシリーズ(Kabylake)にアップデートされました。

 

SkylakeとKabylakeはともに14nmプロセスのCPUであり、設計(アーキテクチャー)もほぼ同じです。変更点は、内蔵GPUのクロック向上や新しい動画コーデック(HEVC)のハードウェア対応などがあり、ゲームのパフォーマンス向上や、動画再生時間の向上がメリットになります。

 

特に15インチのMacbook Proについては、搭載の外部GPURadeon Pro 500シリーズにアップデートされているので、動画編集などではより性能を発揮するでしょう。

 

しかし、今回の発表で残念な点は、価格です。

12インチのMacbookが¥142,800〜となっており、値下げされた13インチMacbook Pro(TouchBarなし)と同じ価格となっています。

 

12インチMacbookの方が薄くて軽いとは言え、性能が異なるMacbook Proと同じ価格なのは困る感じですね。

12インチMacbookも$200値下げして欲しいです。

(為替の影響が大きいように感じます。)

 

今回のラインナップはSSDの速度も向上しているようなので、数年前のモデルから買い替えるのには、向いてるかと思います。

 

しかし、年末から来年にかけて、Intelの10nmプロセスを採用した新しいCPU(Cannonlake)が市場に出回る可能性があります。こちらは、大きな変更になることが予想されるので、そのCPUが搭載されたMacを待つのも十分ありです。

 

北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)の紹介

皆さんは、北陸先端科学技術大学院大学をご存知でしょうか?

英語名は"Japan Advanced Institute of Science and Technology"

略して"JAIST"です。

名前の通り学部を持たない、博士課程(前期・後期)のみの大学院大学です。

f:id:mgrtex360:20170516193448j:plain

 

立地は石川県能美市

f:id:mgrtex360:20170516174638p:plain

 

専攻分野としては、知識科学・情報科学・マテリアルサイエンスの3つの学系があります。以前は3研究科に分かれていましたが、現在は先端科学技術研究科として統合されています。

f:id:mgrtex360:20170516175413p:plain

 

情報科学系の設備として、超並列計算機があります。

Cray XC40 (660.4TFLOPS)

f:id:mgrtex360:20170516193838j:plain

 

Macでopencv2.frameworkを試す(OpenCV 3.2.0)

XcodeOpenCVのプログラムを書く場合、従来は"opencv_core.dylib"などのライブラリをインポートしていましたが、version3.xよりiOSと同様に"opencv2.framework"を使うことが出来るようになりました。
OpenCV 3.2.0 で実際に使ってみたいと思います。


手順
1. OpenCVソースコード入手
2. フレームワークをビルド
3. Xcodeプロジェクトを作成
4. 必要なライブラリをインポート


iOS用のフレームワーク公式サイトよりダウンロード可能ですが、macOSは自分でビルドする必要があります。まずはソースコードを入手します。
f:id:mgrtex360:20161231141754p:plain
ダウンロードしたzipファイルを展開して、適当な作業フォルダに移動させておきましょう。


ビルド自体はとても簡単です。pythonファイルを実行するだけですが、動作に"CMake"が必要なので事前にインストールして下さい。CMakeが使える環境なら、pythonを実行するだけです。

python ./opencv/platforms/osx/build_framework.py [出力ディレクトリ]

実行すると、指定したディレクトリの中に"opencv2.framework"が生成されます。


次にXcodeプロジェクトを作成します。
"Create a new Xcode project"からmacOSの"Command Line Tool"を選択します。Languageは"C++"を選択。
f:id:mgrtex360:20161231143651p:plain


プロジェクトが開いたら、ライブラリの設定を行います。"Linked Frameworks and Libraries"の+ボタンをクリックして"Add Other..."から先ほど生成したopencv2.frameworkを選択します。
f:id:mgrtex360:20161231144209p:plain


opencv2.frameworkの追加が確認できれば、あとは"Build Settings"タブの"Search Paths"にある"Framework Search Paths"を設定すれば完了です。
※この手順を省くとヘッダーファイルのインクルードができませんので、注意して下さい。


しかし、このままだと実行時にエラーが発生するので、追加でライブラリをインポートとする必要があります。確認できた範囲だと、"AppKit.framework"、"OpenCL.framework"、"libcblas.tbd"、"liblapack.tbd"を別途インポートすれば実行可能みたいです。皆さんの環境でもお試しあれ。
f:id:mgrtex360:20161231145338p:plain

【プログラミング入門】MacでC言語に挑戦

PCでプログラミングを始めるための手順を解説します。
一般的に自分で作成したプログラムを動かすには「コンパイラ(Compiler)」という特殊なソフトウェアが必要です。
コンパイラプログラミング言語機械語というコンピューターで実行可能な命令に変換するソフトウェアです。


MacmacOS)にはC言語コンパイラが標準搭載されているので、手軽にプログラミングを始めることができます!
今回はC言語に挑戦ということでGCCGNU Compiler Collection)という有名なコンパイラを使用します。


まず、サンプルプログラムとして以下のソースコード(hello.c)を用意します。
テキストエディタ(メモ帳)にコピーして保存する形で大丈夫です。(ファイルの拡張子は.cで保存)


hello.c

#include <stdio.h>

int main(void) {
    printf("Hello, World!\n");
    return 0;
}


コンパイルの前に、プログラミングの作業用のフォルダ(ディレクトリ)を準備します。
先ほどのソースコード(hello.c)もその場所に移動しておきます。
f:id:mgrtex360:20161112213659p:plain


いよいよコンパイルを行い、機械語に変換します。
コンパイルはコマンド入力によって実行するので、ターミナル(白黒の画面)を起動しましょう。
f:id:mgrtex360:20161112213403p:plain


ターミナルを起動した状態だと、カレントディレクトリ(現在の場所)はホームディレクトリ(ユーザー名の場所)になっています。
文字だけでわかりにくいですが、ターミナルもFinderなどと同様に今見ている場所を移動していく必要があります。
なので、ホームディレクトリから作業用のディレクトリへ移動しましょう。


ターミナル内での移動には、cdコマンドを使用します。

cd [移動したい場所へのパス]

※かっこ[]は入力しません


現在のホームディレクトリからドキュメントフォルダへ移動したい場合:

cd Documents


移動が完了していれば、lsコマンドを実行しましょう。そのフォルダ内にあるファイルの一覧が確認できます。

ls


hello.cが表示されていれば、コンパイルのコマンドを実行しましょう。
コンパイルのコマンドはgccです。

gcc [入力するファイル名] -o [出力したいファイル名]


今回はhello.cを入力してhello(実行ファイル、拡張子なし)を出力しましょう。

gcc hello.c -o hello


問題がなければ何も表示されずコマンド入力の待機状態へ戻ります。
hello(実行ファイル)が生成されていることを確認しましょう。
f:id:mgrtex360:20161112220050p:plain


プログラムを実行して結果を確認しましょう!
実行は以下のコマンドです。

./hello


画面に「Hello, World」と表示されていれば成功です!

【Mac】ターミナルのコマンドにてプロキシサーバー設定を利用する方法

職場や学校などではセキュリティのため、ネットワーク接続にプロキシサーバーの設定が必要となる場合があります。
macOSの場合,プロキシサーバーはシステム設定>ネットワーク>(Wi-Fiなどの)使用しているネットワークの詳細設定にて設定できます。
f:id:mgrtex360:20161111235311p:plain
しかし、Linuxのコマンドを利用するなど「ターミナル(白黒の文字だけの画面)」を利用する際には,別途設定が必要となります。
基本的には環境変数(http_proxy)を設定することでプロキシサーバーを指定できます。環境変数はexportコマンドにて設定できます。

export http_proxy=http://[ip address or domain name]:[port]

IPアドレス"192.168.1.254"のポート"80番"を指定する場合:

export http_proxy=http://192.168.1.254:80

Parallels Desktop 9 は macOS Sierra 上で動くのか!?

結論:インストールできませんでした。(マジか...)

 

以下、順を追って説明します。

 

今年も新バージョン macOS Sierra の正式リリースが待ち遠しい季節になりました。

新しいOSが来るということは、新しい Parallels Desktop が来るということでもあります。そして、例年のごとくアップデートの催促が来ました。

(2016年8月2日)

f:id:mgrtex360:20160825002720p:plain

ぶっちゃけサポートされないと言いつつも、とりあえずは動くものと思っていました。しかし、アップデート後に動かなくなるのは怖いので、Sierra の Beta バージョンをインストールして動作確認をすることに...

 

まず、macOS Sierra Beta をクリーンインストールします。

私の環境は MacBook Pro(15-inch, Late 2013)です。

f:id:mgrtex360:20160825002730p:plain

 

OSの準備ができたので、Parallels Desktop 9 のインストールに挑戦です。

インストーラーは公式サイトよりダウンロードしました。最新です(笑)

http://www.parallels.com/directdownload/pd9

 

.dmgファイルをマウントします。

f:id:mgrtex360:20160825002657p:plain

 

実行すると... !!??

何やらメッセージが表示されました。

f:id:mgrtex360:20160825002709p:plain

残念ながら、何度やってもこの状態です。(つД`)ノ

OSの方はBetaバージョンなので、正式リリース後に動く可能性も皆無ではありませんが、期待はできません。お財布に余裕のある方は、素直に Parallels Desktop 12 へのアップデートをお勧めします。

※ El Capitan よりアップデートした後の動作については未確認です。すみません。

 

「こうすれば動くぞ!」という情報がありましたら、コメント頂ければ幸いです。

ではでは。

Parallels Desktop 9 は OS X El Capitan 上で動くのか!?

Run Windows on Your Mac!

Mac ユーザーの皆さん、Parallels Desktop って便利ですよね〜

Parallels Desktop とは OS X 上で Windows を動かすことのできる仮想化アプリケーションである。

 

私も普段愛用しているのですが、2週間程前からこんなメッセージが表示されるようになりました。

f:id:mgrtex360:20151004130538p:plain

え・・・ 対応してないの?

まさかの、期待の新OS - El Capitan に対応していないとのメッセージが!

正直、機能的には不満が無いので今のバージョン9で十分だと思ってます。

お金払ってまでアップグレードしたくは無いんですよね〜

 

そこで! 思い切って Yosemite から El Capitan にアップグレードして、Parallels Desktop 9 の動作検証をすることにしました!

 

f:id:mgrtex360:20151004132119p:plain

来ました、OS X El Capitan 。念のため、今回はクリーンインストールしています。

ここからが本番、Parallels Desktop 9 をインストールします!

f:id:mgrtex360:20151004132742p:plain

f:id:mgrtex360:20151004132755p:plain

インストールしました!

実は、インストール中に一度クラッシュしたんですが起動は問題無いみたい。

これで Windows が動けば完璧ですが、どうでしょう?

f:id:mgrtex360:20151004133354p:plain

結果:動いた!

細かいところで問題が生じる可能性はありますが、基本的には大丈夫そうです。

とりあえず、来年の新OSまでは 9 を使い続けます!